東京都中央区の探偵・興信所

無料電話相談:0120-4166-08【相談無料】年中無休・24時間受付

不貞の証拠

浮気の証拠とは

浮気の証拠とは

何が、”浮気の証拠”となるのでしょう。

離婚理由となる浮気=不貞行為とは、夫婦の一方が他の異性と肉体関係をもつ事を言います。

裁判所の判例は、「不貞行為」を「肉体関係」に限定しています。

離婚調停や慰謝料請求の裁判を起こす場合、裁判所で証拠を集めてくれるのではないか?と思っている方がいらっしゃるようですが、裁判所では浮気の証拠収集は行いません。

裁判は、提出された資料をもとに進められるのであって、そのための証拠は、こちらが用意しなければならないのです。

メールや手紙、写真は?

内容にもよりますが、それだけでは弱いです。具体的に肉体関係が会ったことを記載したメール、あるいは性行為中に撮影された写真は証拠になります。

世間話をしているだけのメール、2人で写っている写真だけでは証拠にはなりません。

浮気をしている側から、離婚を言い出す場合、大抵は”性格の不一致”を主張してきますから、その主張を崩すには、”浮気の証拠”が必要になってくるのです。

有効な証拠とは?

なんといっても有効なのは、ラブホテルの出入りの映像・写真です。ラブホテルは、肉体関係を目的とした施設ですから、打ち合わせ等のいいわけはできません。

2人で食事をしている、行楽地に遊びに行った等では、浮気・不倫とは認められません。ただの友達だといわれればそれまでです。

その他の行動は?

シティーホテルの場合は、部屋に2人で入り、2~3時間いたことの証明が必要です。場合によっては、それだけでは弱いこともあります。

また、相手の家へ行っている場合は、定期的・継続的に通っていて、数時間滞在していることの証明が必要です。”たまたま行っただけではない”事の証明が必要なのです。

↑ PAGE TOP